葉の上にあるカプセル

ジスロマックやクラビットが主に使用されるのはクラミジアの治療で、使用した人のおよそ9割は完治すると言われています。
有効成分をアジスロマイシン水和物として、マクロライド系抗生剤にあたり、細菌によって引き起こされる感染症の治療に有効的と言われています。
古い抗生物質ですが、マイコプラズマにも有効とされ様々な症状に適応し、耐性菌のできたセフェム系やペニシリン系で効果が見られないものにも使えるため、治療薬としての価値が見直されています。
抗炎症作用もあることから、感染症だけでなく扁桃炎や気管支炎などの炎症を伴う治療に処方されることも多く、様々な診療科目で使用されています。

ジスロマックが有効とされる性感染症はクラミジアと淋病のみで、一応は梅毒も適応していますが、メインで使用するには難しいものとされます。
梅毒は最近ではあまり見かけなくなった性病ですが、治療するにはペニシリン系の飲み薬か注射が最も効果的と言われています。
淋病も古い性病のひとつですが、最近ではクラミジアと複合感染していることが多く、その場合はジスロマックを第一選択にすることが多いです。

淋病のみの単体感染では、セフェム系やニューキノロン系の抗菌薬を使用することもあります。
しかし、セフェム系では耐性菌を持つことも多いので、淋病だけの感染であっても、クラミジアの二次感染を防ぐ意味でジスロマックを処方することもあるようです。
性感染症の中で最も多いのはクラミジアで、日本では2万人超が感染していると言われていることから、ジスロマックの重要性が窺えます。
特に多いのは女性で、全体の13%以上が女子高生であると言われています。
性感染症はデリケートな問題となるので、恥ずかしさのあまり病院には行けず、症状を悪化させる人もいますが、最悪の場合は無精子症や不妊症といった結果になることもあるため、早めに治療を行うようにしましょう。