• ホーム
  • ジスロマックの特徴と服用における注意

ジスロマックの特徴と服用における注意

カプセルと葉

ジスロマックはマクロライド系の中では比較的新しい抗生物質で、幅広い細菌に対して効果があり、セフェム系やペニシリン系では効果がでないマイコプラズマなどにも有効です。
抗炎症作用を持ち合わせていることから、肺炎、扁桃炎、気管支炎などの治療にも有効で、その幅広い有用性から様々な医療現場で活躍します。
様々な症状に適応していますが、最も利用されるのは性感染症のクラミジアおよび淋病の重複感染で、ジスロマックを服用することでおよそ9割は完治すると言われています。

ジスロマックの特徴は、有効成分のアジスロマイシンが血中に取り込まれると、半減期が非常に長く、1回の服用で効果が1週間は持続します。
そのため、何度も服用する必要がなくなり、飲み忘れが減ることからも、医師が処方しやすい飲み薬です。
他の治療薬に比べても副作用は少ない部類で、妊婦でも使用することができる飲み薬ですが、強い効果を必要とすることが多いため、高濃度で服用することがあります。
例えばクラミジアの治療では、錠剤を1,000mgで飲むか、2,000mgもあるドライシロップを一度で飲むことになりますが、濃度が高すぎるため細菌だけでなく体内の善玉菌まで退治してしまいます。

結果的に消化器系の副作用が起こり、腹痛や下痢といった症状が出やすくなっています。
あまりに副作用が酷い場合は、500mgを1日1回で3日間に分けて飲むこともありますが、医師の指示に従って飲むことが大切です。
ドライシロップは1回の飲みきりタイプで、空腹時に飲むようになっているので、間違えても食後に飲むようなことは控えましょう。
食事に影響を受けやすく食後では血中濃度が急激に上昇し、下痢を起こしやすくなっているので、食事をした場合は最低でも2時間は空けて飲むようにしましょう。